Newsの記事一覧

2019.11.22-24 TYA-TYAによるソマティック・エナジェティクス、グループセッションのご案内です

こんにちは。TYAーTYA(きむら ゆき)です。

祈りの旅と休養を経て、TYA-TYAによる久しぶりのグループセッションのご案内になります。

マイケルさんと出会った2012年の私は、「自分自身にくつろぎたい」と強く願っていました。「自分が嫌い」と涙を隠して日々をこなしていました。

体調不良をキッカケにソマティック・エナジェティクスに出会った私に、マイケルさんは「受けとったものが与えられるものである」と教えてくれました。

多くのセッションを受け取って、多くのセッションを提供して覚えたソマティック・エナジェティクスの慈愛の波動。私はマイケルさんのセッションを受けて、健康を取り戻してきました。

2018、2019に私はまた別の病を経験します。そしてまたたくさん学び、受け取らせていただく事になりました。

たくさんの聖地—日本の富士山、メキシコのティオティワカン、沖縄の首里城、ミャンマーの金山、フランスのモン・サン・ミシェル、イギリスのグラストンベリー・トー、ハワイのハレアカラ—にも行かせていただき、11月のセッションまでに中国、エジプト、セドナと、パワースポットを巡ります。

正直、大変なことも、いったい何が起きているのだろうと不安に思うこともありました。困難を一緒に乗り越えた家族、見守り支えてくださった皆さまには感謝の気持ちでいっぱいです。

「ソマティック・エナジェティクスを通して誰かの助けになりたい。自分も助けてもらったのだから。」と、心を込めてして来たことが、今日私をここに運びました。きっと分かち合う人がいると信じています。

「分かち合う人。それはきっと私のことだ~(>▽<)」
と、思われた方、ぜひご参加下さい♡

地球の大きなうねり、そして良い波動と共に皆さまをお迎えできますことを、心より楽しみにしております。

°˖✧˖°   °˖✧˖°   °˖✧˖°   °˖✧˖°   °˖✧˖°

ソマティック・エナジェティクス
グループセッション
by TYA-TYA

<日時>

〇11月22日(金)
13:00 開場
13:20-15:20 大人グループセッション2ラウンド(グループA)

16:00 開場
16:30-18:30 大人グループセッション2ラウンド(グループB)

〇11月23日(土)
10:00 開場
10:30-12:30 大人グループセッション2ラウンド(グループC)

14:00 開場
14:30-16:30 大人グループセッション2ラウンド(グループD)

〇11月24日(日)
10:40 開場
11:00-12:00 子どもセッション(グループE)
*中学生以下のお子さんが対象になります

13:30 開場
14:00-18:00 復習会(グループF)
テーマ/ベーシックコンタクトとセルフソマ
*トレーニング受講生が対象になります

<会場>
代官山ヒルサイドウエストB棟1F ヒルサイドサロン
東京都渋谷区鉢山町
*マイケルさんが代官山でセッションする時と同じ会場です。
詳細はお申し込みの方にご連絡いたします。

<セッションフィーなど>
大人セッション 初回15000円 *2回目より13000円
子どもセッション 初回8000円
*兄妹が一緒に受ける場合には初回から6000円
復習会 6000円

〇当日、現金にてお支払いください。
*各グループ、事前のご予約が必要となります。

〇キャンセルポリシー
やむをえない場合を除き、
当日のキャンセルは100%、7日前までのキャンセルは50%を
ご請求させていただきます。

台数に限りがございます。
早めのご連絡にご協力をいただけますようお願い申し上げます。

<お申込み方法>
お名前
ご住所
当日連絡の取れる電話番号
ご希望のグループ名

をご記入の上、TYA-TYAのウェブサイトにあります、☆お問い合わせフォーム☆よりお申し込みください。

*携帯アドレスの場合、メールの受け取りと返信がうまくいかない場合がございます。
お申し込みから3日経っても返信がない場合には、お手数ですがパソコンのメールアドレスより再度ご連絡ください。

♡お待ちしています♡

波動のおクスリ

開花🌸宣言がありましたね☺✨

2月3月はデトックスや調整が激しく起きた方もいらっしゃったのではないでしょうか?

そんなタイミングで届いた、
宇宙からのプレゼント🎁です。

 


注)これらを聴くことによって、疲れを自覚することがあります。体が重くなって休みが必要になることがありますので、おやすみの朝や寝る前など、予定のない時に流してください。
くれぐれも、車の運転中に聞かないでくださいね❤


① 浄化サウンド&宇宙語です❤

神経系に良い効果があります❤

 

② 神経系の調整サウンドです❤

     リラックス効果があります💕
③ 眼精疲労、脳の疲れに届くサウンドです❤
     活性化しすぎて休むのが難しくなった神経系を鎮める効果がありま💕

 

デトックスの後は、ゆっくり休んでください。次元上昇する時間と空間を空けておきましょう✨きっとその時がきます💎✨

 

頂いた感想:

・永久保存版です☺
・聞いたら頭がクリアになりました、そして暖かい気持ちに❤

・2番目のサウンドは神道的と感じました。滝が見えました。

・音を聞いて草原が広がりました。

・2をきいてゆるんで、1をきいて懐かしくて。宇宙語お話しました♡
なんだかすっきり(^^♪ ありがとうございます!

最初の浄化の音は大勢でオームチャンティングやっている時のように感じたよ❤

Q&A

Q:これは何度も聞いていいものですか?

A:個人差があると思いますので、様子を見ながらしてください。繰り返し何度わたしは一度ずつ3つ聞くと深い瞑想状態に入ってしまうので、数日あけて、休みたい時に聞いています。

ニュースレター:新刊とマイケルさん来日のご案内

<ニュースレター:新刊とマイケルさん来日のご案内>
暖冬といわれる今年、いよいよ千葉でも葉が色づき寒さが増してきました。
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
今日は新しくご紹介したい本があり、ニュースレターを書いています。
長い文です。
ここ数年、私はキッズのセッションとお祈りの旅を多くしています。
多様な学びの場に関わったり、
月に一回、インターネットラジオでお話させていただくことも続いています。
下記の本やイベントの情報が、お役に立ちましたら幸いです。
きむら ゆき拝
〇天外伺朗さんが11月11日に新刊を出版されました。
お祈りの旅で私が宇宙語を話し、チャネリング情報を降ろした様子や内容が載っています。
早速読ませていただきまして、すべての女性の中に眠る巫女の要素が刺激される本だと思いました
祈りの旅の記録として、面白く、興味深く読んでいただける本です。
天外さんは『生きる力の強い子を育てる』の本も執筆されていて、
この祈りの本の中にも今の若い人達、現在の学校教育や不登校についても触れている部分があります。

〇また、キッズセッションの体験を通して小冊子『脳脊髄液減少症と祈りの力―脳脊髄液減少症、原因不明の体調不良、不登校、起立性障害に苦しむ方々へ』をまとめました。サドベリー教育からヒーリングへと誘われた私の脳脊髄液減少症体験も書かれています。今は大変健康です。体験を生かしたセッションと、働きかけのガイドラインについても書きました。セッションにいらしたキッズのお母さんとの共著です。苦しむ息子さんを前に、息子さんや家族の心を大切に祈ってこられたお母さんのお話は胸を打ちます。
〇私の提供しているソマティック・エナジェティクスの創始者、マイケルさんが来日します。
今日の10時よりお申込みの受付が始まりました。
大阪でのグループセッションもあります。
年に二回のこの機会をぜひご活用ください。
主催は(有)テンプルビューティフルさんです。
お問い合わせ電話番号 045-949-5539
私が監修として関わらせていただきました、マイケルさんの本があります。
本田健さん、チャック・スペザーノ博士が推薦の言葉を寄せてくれています。
アマゾンでも買えますし、テンプルビューティフルさんでは消費税分お得に購入できます。
美しい写真が多く入った本です。
書籍『ソマティック・エナジェティクス』
〇多様な学び確保法についてのQ&A小冊子を、
東京シューレさんがわかりやすくまとめて配布されています。1冊300円です。
お問い合わせ電話番号 03-5993-3135

2018年6月9日お話会&セッション@東京日本橋

2018年6月のおはなし会&セッションのお知らせです。


お話会:

SEのエネルギーがキッズの健やかな成長にどのように役に立つのか、特に多動、学習障害、自閉症などの問題を抱えたキッズへの施術前後の変化についてお話します。
ご質問に回答する時間もあります。

開催日時:2018年6月9日(土) 14:00~15:30

料金:1,500円/おひとりさま

場所:東京日本橋(詳細はお申込み頂きましたらご連絡いたします。)

セッション

セッション1 11:00~12:00
セッション2 16:00~17:00
セッション3 17:30~18:30

料金:グループ5,400円/おひとりさま

※プライベートご希望の場合は事前にお問い合わせください。プライベートセッションの場合は、10,800円/おひとりさまとなります。

お申込み : お問い合わせからご連絡ください。

キッズセッションについて詳しく:キッズセッションチラシ(PDF)


次回は、8月に予定しています。

2018年4月7日お話会&セッション@東京日本橋

2018年春の始まりにあわせて、都内でお話会&セッションを行います。


お話会:

SEのエネルギーがキッズの健やかな成長にどのように役に立つのか、特に多動、学習障害、自閉症などの問題を抱えたキッズへの施術前後の変化についてお話します。
ご質問に回答する時間もあります。

開催日時:2018年4月7日(土) 14:00~15:30

料金:1,500円/おひとりさま

場所:東京日本橋(詳細はお申込み頂きましたらご連絡いたします。)

セッション

セッション1 11:00~12:00 プライベート 予約済
セッション2 16:00~17:00 グループ 残席2
セッション3 17:30~18:30 クローズ

料金:グループ5,400円/おひとりさま

※プライベートご希望の場合は事前にお問い合わせください。プライベートセッションの場合は、10,800円/おひとりさまとなります。

お申込み : お問い合わせからご連絡ください。

キッズセッションについて詳しく:キッズセッションチラシ(PDF)


次回は、6月と8月に予定しています。

本を出版することになったいきさつ③

Dr.マイケル・マクブライド著ソマティック・エネジェティクス

本を出版することになったいきさつ②の続き

仕事や興味を持って参加したイベントで、名刺交換をすることってありますよね。ヒーリングの師匠であるマイケルさんが、英語で原稿を書きました。それを出版したくて、出版社を探しているというのです。出版関係の方を意識するようになったら、編集のお仕事をしている方との名刺交換の機会が増えました。フォーカスと引き寄せの法則が働いていたようです。

それより前に、私はマイケルさんの仕事を日本で多くの人に知ってほしくて、雑誌などで紹介していただけるよう取り組んでいました。その時に本田健さんの八ヶ岳の合宿セミナーで学んでいたのですが、私が夢の分かち合いコーナーに置いたパンフレットの写真からマイケルさんのことを「いいエネルギーだね!」と言って、ナチュラルスピリット社の今井社長さんとボイスの社長さんにも紹介してくださったのです。このあたりのことは、もっと詳しく書くと、もっともっとたくさんのことがあったわけですが、、、

マイケルさんのことを知っていただくために、今井社長さんにお会いする機会を何度かいただきました。「木村さんは何をしている人なんですか?」との質問に、ちゃっかり小冊子もお渡ししました。「くまとからす」でした。その時は特に言葉をいただいたわけではありませんでしたが、後に今井社長さんがこの小冊子を通して私の文章力を評価してくれていたことを知るのです。

何度か雑誌「スターピープル」でマイケルさんをご紹介いただきました。ACIMをご存知の方もいらっしゃると思います。長く困難な翻訳作業を経て、ACIMの日本語の素晴らしい本が誕生したのはナチュラルスピリットさんのお仕事です。本当に読み応えのある本をたくさん出されている出版社さんなのです。

マイケルさんが本を出したいといったときに、私が監修で入らせていただくことになりました。商業出版の本に関わる、初めての機会でした。

マイケルさんの本に取り組んでいる頃、本田健さんの1Dayセミナーに参加しました。セミナー中に何回か、グループでのシェアの時間がありました。6人のグループの中にいた方と話していた時のこと、彼が「あやかり出版って知ってる?」と私にきいたのです。「海外の講師が日本で本を出す時とか、日本の弟子が本を書くと相乗効果で売れたりするんだよ。」と話してくれました。私はそれを聞いて、「知りませんでした。じゃあ私も、マイケルさんの出版に合わせて原稿書きます^^」と答えたのです。そして書き始めたのですが、、、、

夢叶のみなさんと

家事も仕事も忙しくて、それ以外のことために時間を作るというのは大変なことじゃないですか?私は台所に原稿を持ち込んで、鍋のお湯が煮えるまでとか、2分でも時間があったら原稿に取り組みます。だから私の原稿はいつもぐちゃぐちゃなんです(^ー^;)

マイケルさんが創始者として伝えているソマティック・エナジェティクスの日本での経験を書こうと、原稿を書き始めたのです。ところが途中で、(そういえば、、、)と心の声がして、宇宙語のことをいつか書きたいと思ったことを思い出したのです。

ソマティック・エナジェティクスの慈愛の波動に触れるうちに開いていった、私の感性、、、。そうして始まった宇宙語は、最初の頃ホログラムのような映像とともに届き、私は日本語に訳すことができました。その録音音声が私のiPhoneに残っていたのです。

お気に入りのいくつかの音声データは、友達とシェアするためにすでに文字に起こしてありました。読み返してみても、やっぱりとても興味深いのです。

私はすっかり脱線して、宇宙語日本語の音声データ起こしに夢中になりました。そしてそれをシェアした友達も、データ起こしを手伝ってくれました。その友達はデータ起こしを手伝う度に発熱していましたので、私は本に「発熱注意!」と書いたのです。

原稿を書きながら、私はマイケルさんの本の原稿のことで出版社さんとやり取りする機会があったものですから、「私、原稿を書き始めたのです。できあがったら、読むだけでも読んでいただけますか?」とお聞きしました。社交辞令といいますか、今井社長さんは「いいですよ」とお返事くださいました。
原稿が書きあがった時、すぐに今井社長に原稿をお送りしたのはいうまでもありません。

また、今井社長にお聞きした話では、その頃ちょうど3人の方から「インパクトのある本を出すといい」と言われたというのです。私の原稿はタイミングよく採用していただくことができました。

そんなわけで、私の本が出版されたいきさつを端的にいうのであれば、それは「あやかり出版」ということになります。本田健さんを始め、たくさんの応援をいただきましたこと、今井社長さんはじめ、ナチュラルスピリットのみなさんへの感謝、マイケルさんと出会ったことや、これまでにしてきたすべてのことが私を成長させて導いてくれました。

そして写真は出版直後に「夢を叶える学校」のみんなが私のセッションに来てくれて、出版をお祝いしてくれた時の写真です。なんて幸せなことでしょう。夢を生き、夢を応援してくれるみんなに囲まれてお祝いいただいたのですから。

ご質問をいただきまして、ありがとうございました。こうして振り返って、まさに夢が叶ったということだったんだなぁと、幸せな気持ちになります。なんだか改めて、お祝い気分になりました。

長文となりましたけど、お答えになっていましたでしょうか。ひとつでもヒントになることがあるといいのですが。
Sさんの本を書きたいという気持ちが、どうぞ良い流れに乗ってカタチになり、たくさんの人に喜ばれますように。たくさんの良いご縁に恵まれますように(終わり)

本を出版することになったいきさつ②

研修で訪れたカリフォルニアのビーチ。
デモクラティックスクール、サドベリースクールを学びながら、自分の受けてきた教育を振り返りながら子育てしていたころの私と子ども達。

本を出版することになったいきさつ①の続き

次に、『信頼と尊重のコミュニケーション~サドベリー教育が教えてくれたこと~』をまとめました。ホームスクーリングを選ぶ家庭から、子どもと接するときの方針に選んでいただき、親子関係がよくなっていると喜ばれている薄い小冊子です。

私はサドベリー教育についての内外の研修体験と、自身のスタッフ体験を経て、自分がスタッフ研修を担当するようにもなり、スタッフ研修のためにまとめたA4、1ページの箇条書き資料がありました。箇条書きのひとつひとつに私の体験や解説を付け加え、学校との関係に悩む家族と日本社会への祈りを付け加えると、2冊目の原稿が完成しました。

前回自費出版した経験とご縁があるので、前回よりもスムーズに素早く、デザイナーやイラストレーターさんと印刷用の原稿を完成させることができました。自分で印刷代他諸費用を出して自費出版しました。前の本を買ってくれた人や口コミで繋がった私の全然知らない方達が今度の小冊子も買ってくれました。サドベリー教育や多様な学び、子育て教育に関心のある方に繋がって、読んでいただいています。

冊数が増えるということは、だんだん自分の知らない人につながって、届いていくということです。それは不思議な感覚でした。

最初の自費出版からしばらく経ったある日のこと、市内を歩いていると、「木村さんですよね?私、小冊子を読みました!!^▽^」と、嬉しそうに声をかけていただきました。私の全然知らない人でしたので、とてもびっくりしました。その後、「私の全然知らない人が読んだりするんだ・・・」ということに気がついて、ヤマダ電機の大きなお店の前で転んだのをよく覚えています。気が付いたその一瞬に、全身が緊張したんです。何もないところで足がもつれ、見事に転んだんです。思い出すと笑ってしまいます。

やりたいことをやるときには恐れが出るといいますけど、私は原稿を書くとき、喜んでもらうところしか想像していないので、完成するまでは何も怖くないのです。
書きたいことがあるのに書けないという人は、初めから大きく考えすぎているのかもしれません。喜んでくれる人を想像して、友達の顔を思い浮かべてみてください。
「ちょっと長くなるんだけど、こんなこと、見つけたんだよ。」キーボードをたたく肩の力が抜けてくるのではないでしょうか。

そろそろ質問をいただいた方に、「あのー、それで出版社との関係は、、、?(-_-;)」って言われてしまうかもしれないのですけど、3冊目の本があるのです。

それはサドベリーとは全然関係ないように見える一冊の小冊子で、ネイティブアメリカンに伝わる民話をまとめたもの。読み聞かせ用に、音読のリズムにこだわりまくって一語一音を選んだものでした。そのリズムは行間の幅や改行、改ページのリズムまでも入れて作りこんだもので、これが紙媒体でなくなってしまったら、全く違う作品になってしまうという、とても繊細に作りこんだ世界でした。

どうしてそんなにこだわったかというと、ながーい時間、何世代にもわたって口伝で伝わってきた物語だったからなんです。声や身振り手振りで伝わってきた物語の世界を、可能な限りそのお話会の様子ごと伝えたかったのです。

語り手のポールさんとはサドベリー教育を通じて知り合いました。カリキュラムもテストもないサドベリー教育を通して私は、アーティストや研究者と知り合いました。ご縁の不思議、中でも類は友を呼ぶ、ということは時に人生を素敵に味付けしてくれます。
私はポールさんの来日の夢を、彼の部族の大切な集まりの場所であるメディスンハウスを修繕したい、寄付を集めたいという夢を応援すると決めて、彼のコンサートを主催しました。日本では名前を知られていないわけで、集客は困難でした。私の家についたポールさんは、何やら販売用の自分のCDにシールを貼っているのです。それは、国際的な賞を受賞したというシールでした。彼はその数年後、シアトルの交響楽団と一緒に演奏するなど、本当に大きな活躍をするアーティストでした。私はそんなことはつゆしらず、ただただ心の響くまま、感動のままにこの小冊子を綴ったのです。

物語の感動は木版画家の大久保草子さんに伝わり、作品が生まれました。私はそれを表紙や小冊子の中にいれさせていただきました。小冊子の完成に、草子さんは”民話とは 民族の文化を伝える「先祖の知恵」。「人も獣も、木も石も、みな自分たちをピープルだと思っている」
日本にも確かにある そんな文化を 今、改めて思い出すための必読の書。”と、力強い評を寄せてくださいました。

さて。本を書く、出版するということに戻って、この三冊目の本から何を言いたいかというと、私達が何かを夢見る時、その夢を叶えるために必要な力や繋がりは、ちゃんと自分の中にあるのだということなんです。これは、本に限らないと思います。もちろん、夢を持っても、それをやるかやらないかも自由で、実際の行動をとらないことには実現しないわけなのですけど。感動がそこにあって、繋がっていくのは、そこにあなたの魂の光や才能があるからなのだと思います。

そうこうするうちに3冊になった私の自費出版。これは私のキャリアであり、自己紹介の時にお渡しできるものともなりました。そしていよいよ出版関係の方との出会いが増えていくのです。(③へ続く

本を出版することになったいきさつ①

Q:チャチャさんはどのようないきさつで、本を出版する運びになったのでしょうか?

2009年サドベリー・バレー・スクール研修ツアー

ご質問をいただきました。

”自身のやりたいことの一つの表現として、本という形で役立てたいという気持ちが以前からありました。しかし出版社とどのように関わるかということがずっと白紙の状態でした。

そこで質問なのですが、
チャチャさんは、どのようにしてナチュラルスピリットさんという出版社と繋がったのか、教えていただきたいと思いました。

書いた原稿などを出版社に送ったり、売り込みなどをして繋がったのでしょうか?

身近な方で出版されている方の、ご経験を参考にしたいと思い連絡させていただきました。”

あまりにも膨大な量の「いきさつ」が思い出されて、なかなかお返事できなかったのですが、お返事を書き始めました。

まず、書き始めに、出版ということがとても多様で身近になっていると思います。出版社さんとお付き合いすると思うとなかなかイメージがつかないかもしれませんけれど、中心にある思いは、「伝えたいことがある」ということなんだと思うんです。

伝えたいことが伝えられること、情報がそれを受け取ってくれた人の役に立って、その人の暮らしを楽にしてくれるところをゴールに置いたら、表現の選択肢は多様にあるんです。

書くことよりも話すことの方が得意な人もいると思います。話しているところを録音してテープ起こしすることができます。話している姿を動画にとって、YouTubeでアップすることができます。

私のスタートはいつも、「これ、〇〇さんとシェアしたい。きっと喜んでもらえるわ(⋈◍>◡<◍)。✧♡」ということで、美味しい素敵なレストランを見つけてお勧めする時のような気持ちなわけです。

頭の中に情報がいっぱいになって、書いて出さないと、他のことが入る隙間がなくて、何も手につかなくなって、周囲に怒られてもそればかりするんです。頭の中が文字でひしめいて、書くことしかない時間が生まれます。頭の中で本が完成して、書くという作業が流れ出すと、頭の上の方でぽっかりと大きな穴があいて、そこからエネルギーと情報が流れ込んでくるのです。フローとは、あれのことだと思っています。そして私は、逆にフロー状態を作りだすことで、今これを書いています。いただいた質問にお答えするためです。

原稿が生まれます。届けたい友人たちの顔が浮かびます。
縦横ページを整えて、おまけのプレゼントを選ぶように写真やイラストを挿入します。
そしてまたページを整えて、ラッピングをかけるように表紙や印刷する紙を選びます。

自分のできるところでまずは完成するのです。

そうして最初に完成したものが、『日本で、サドベリー~教育もステキに選びたい~』の原稿でした。届けたいと思った友人に送りました。ここまで、何人かの友達と、その友達のような誰か、大体100人くらいに喜んでもらえることしか想像していません。

けれど生まれ落ちた原稿というものは、一人で歩き始めるのです。

原稿を読んでくれた友人の一人が「これはちゃんと製本した方がいいよ」と言いました。キネシオロジーで私の体に聞いてくれて、印刷はいっぺんにではないとしても「900冊」。それだけのモチベーションが私にあるというのが、私の体の答えでした。

私は印刷会社を探し、デザイナーやイラストレーターさんと印刷用の原稿を完成させました。自分で印刷代他諸費用を出して自費出版しました。2010年のことです。今はさらに簡単に、安価に自分で小冊子を作ることができます。「この情報が必要としている人に届きますように」という願いの実現ためには、本という形にする必要すらないのかもしれません。

そうして生まれた最初の自費出版の本は、本田健さんや天外伺朗さんとのご縁を深めてくれました。大学のゼミや図書館においていただいたり、卒論の参考図書にもなりました。7年の月日をかけて、HPの情報や口コミで900冊全てが旅立っていきました。その間にご縁ができた人たちや、その内容に感謝してくれた人たちが、私の仕事や生活を助けてくれることもありました。私は自費出版を通して、心で繋がる友人を何人も得たんです。(②へ続く

2018年1月17日キッズセッション&おはなし会

2018年1月のマイケルさんの来日にあわせて、テンプルビューティフルさん主催のTya-Tyaによるキッズセッションとおはなし会が開催されます。


おはなし会:

SEのエネルギーがキッズの健やかな成長にどのように役に立つのか、特に多動、学習障害、自閉症などの問題を抱えたキッズへの施術前後の変化についてお話します。
ご質問に回答する時間もあります。

開催日時:2018年1月17日(水)13:00~14:30

・おはなし会参加費:
1月17日(水)のKid’sセッションに参加する場合
大人:1,500円
子供:Kid’sセッションに参加する子どもは無料/セッションに参加しない同伴の子どもは500円

1月17日(水)のKid’sセッションに参加しない場合
大人:2,000円
子供:同伴の中学生以下の子ども1人は無料/2人目から1,000円


Kid’sセッション

・Kid’sセッション代(Tya-Tyaによる施術)

1月17日(水)Kid’sセッション 最長50分
10:30~11:20(Kid’s枠)
15:30~16:20(〃)
:4,500円

お申込み先:Somatic Energetic Japanに直接お願いします。

2018年1月のDr.マイケル来日スケジュールもあわせてご覧ください。Dr.マイケルによるキッズセッションもあります。
http://somaticenergetics.jp/schedule/

Tya-Tya キッズセッションについて詳しく:キッズセッションチラシ(PDF)

2017年11月24~26日 SEセッション&おはなし会@宮崎

7月に続いて、宮崎県宮崎市にてSEセッション&おはなし会を行います。

おはなし会

日付:2017年11月24日(金) 18:00オープン、18:30-20:00

代金:ペイ・フォワード

ペイ・フォワードについて

ソマティック・エネジェティクス(SE)セッション

日付:
2017年11月25日(土)
9:30-10:00 キッズ
10:00-11:30 大人
13:30-14:00 キッズ
14:00-15:30 大人
16:00-16:30 キッズ

2017年11月26日(日)
9:30-10:00 キッズ
10:00-11:30 大人
13:30-14:00 キッズ
14:00-15:30 大人

おところ:
ロータス(よこやまクリニック隣接)
宮崎県宮崎市船塚2-112-1(アクセスについて

定員:
大人各4名、キッズ各2~3名

代金:
大人6,400円、キッズ ペイ・フォワード

ペイ・フォワードとは:
トースミニカでは、キッズセッションの参加料金を全てペイフォワードとしています。自分のために支払うのではなく、次の人がこのセッションを受け取れるように寄付をします。施術の向上や、このセッションを必要としている人達に伝えるための情報提供にもご協力いただきます。

ペイフォワードとは、自分が受けた恩を次の人のために送る、より良い未来に投資するという考え方です。

例えばお金のことでいうと、2人の人がペイフォワードしてくれて、今回の九州でのセッションイベントを開催することができました。「母の出身が熊本だから。」「パラリンピックを見て感動した。障害のある人たちに役に立つセッションがあることを、たくさんの人に知ってほしい。」そんな思いからいただいた寄付金で、宿泊交通費や台の輸送費、施術者の人件費が賄われています。

トースミニカのキッズセッションには、決まった料金設定はありません。セッションを受けられた方は封筒に寄付を入れていただき、お名前や匿名の希望、メッセージや感想を書いて受付にお出しください。

キッズセッションについて:
SEは優しいタッチで行いますので、小さな子ども達にも受けていただくことができます。
体調不良やイジメによるトラウマの解放、障害をお持ちの子どもさん達のコミュニケーションの改善などの助けになってきました。

この機会をどうぞお役立てください。

キッズセッションについて詳しく:キッズセッションチラシ(PDF)